凸レンズの性質

  凸レンズとは、 ふちよりも中央部が膨らんでいるレンズ。

  ①焦点とは、 凸レンズの軸に平行な光を当てたとき、
   光が屈折して集まる点。

  ②焦点距離とは、 凸レンズの中心から焦点までの距離。

  ③凸レンズのふくらみが大きいほど、 焦点距離は短くなる。

      


        凸レンズでできる像

        凸レンズを通った光によってできる像には2種類ある。

  実像とは、 凸レンズで屈折した光が、実際に集まってできる像。

  実像の条件

1, 物体が焦点の外側にある時
2, 上下・左右の向きが、実物と逆
3, 物体の位置が焦点に近いほど大きくなる


  虚像とは、光が集まってできる像ではなく、
   凸レンズを通して見える像。

  虚像の条件

1, 物体が焦点の内側にある時
2, 像の向きは、実物と同じ
3, 像の大きさは、実物より大きい




BACK                NEXT
※光の仕組み3に戻ります↑            ※クイズに進みます↑