雷

  (1)雷の音がする理由

    雷の音がするのは、地表に落ちたときの衝撃音ということではなく、
    電気が流れた道が瞬時に高温となるため空気が膨脹し激しく
    振動を起こしているから。
    この激しい振動がバリバリゴロゴロといった音に聞こえる。


  (2)雷が光る理由

    鉄を高温で熱くすると赤く光る。
    このように、ものは非常に熱くなると光を出す。
    雷がピカピカと光るのも、あるものが熱くなったためである。
    そのあるものとは空気である。 雷の電気は空気の中を流れる。
    このとき、雷の電気が流れたところの空気の温度はかなり高くなる。
    すると、熱くなった空気は光る。


   
   引用:https://pixabay.com/ja/(外部)

  (3)雷までの距離の計算方法

落雷地点までの距離(m)=
340(m/秒)×光ってから音が聞こえるまでの時間(秒)


BACK   

 ↑ 

※マスキング現象に戻ります↑