クイズ
  ここからはクイズです。 ここまで学んだことを生かして全問正解を狙いましょう。

         ※白い丸をクリックすると正誤がわかります。

 ①みずから光を出す電灯や太陽のことを(  )という。

        反射光源屈折



 ②我々がものを見ることができるのは、光源から出た光が
  そのまま目に入る場合と、光源からの光が
  物体に(  )して目に入る場合とがある。

        反射入射屈折



 ③光源から出た光は四方八方へ広がるが、太陽は非常に遠くに
  あるので地球上ではほぼ(  )になって進んでいる。

        直角平行反対



 ④光が物体に当たってはね返ることを(  )という。

        反射乱反射屈折



 ⑤鏡のように表面が平らな面に光が当たるとき(  )角と
  反射角は等しくなる。

        平行入射屈折



 ⑥物体を鏡にうつしたとき、像は鏡に対してもとの
  物体と(  )の位置にみえる。

        平行同じ対称



 ⑦光がでこぼこしたものに当たるといろいろな方向に
  反射する。 これを(  )という。

       全反射入射乱反射



 ⑧光が空気から水のようにちがう種類の物質へ進むとき、
  その境界面で光が折れ曲がることを(  )という。

        屈折乱反射反射



 ⑨境界面に垂直な線と屈折光の角度を(  )という。

       屈折角入射角反射角



 ⑩光が水から空気中に進む場合、必ず入射角より屈折角の
  ほうが大きいので入射角がある程度以上大きくなると
  光が空気中へ出て行けずにすべて反射してしまう。
  これを(  )という。

       屈折乱反射全反射



 ⑪(  )は全反射のしくみを使って電話線などに
  利用されている

     全反射光ファイバー乱反射



 ⑫虫眼鏡など、ふちより中央の部分が厚くなっている
  レンズを(    )という。

       光源焦点凸レンズ



 ⑬凸レンズに正面から太陽光のような平行な光をあてると
  光は屈折して1点にあつまる。 この点を(  )という。

      入射角焦点距離焦点



 ⑭焦点は光軸上にあり、 レンズの中心から焦点までの
  距離が(  )である。

      焦点距離焦点全反射



 ⑮物体からの光がレンズを通してスクリーン上の1点に
  集まり、そこに像ができる。これを(  )という。

       虚像乱反射実像



 ⑯焦点より内側に物体を置くと実像ができないかわり、
  レンズを通して物体をみると物体より大きい像が見える。
  これを(  )という。

        反射虚像実像



BACK   

 ↑ 

※凸レンズに戻ります↑