音の大きさと高さ

  (1)音源の振動
     音源の振動のようすは、 振れ幅と振動の速さによって決まる。

    ①振動の振れ幅のことを
     振幅という。


    ②1秒間に振動する
      回数を振動数
      といい、単位は
      ヘルツ(Hz)
      を用いる。


  (2)音の大きさ

     音の大きさは、 音源の振幅によって決まり、
     振幅が大きいほど音は大きい。



  (3)音の高さ

     音の高さは、 音源の振動数によって決まり、
     振動数が多いほど、音は高い。



  (4)振動のようす

     オシロスコープやコンピューターを使って波形として
      表すことができる。


         

       100Hz
     

       1000Hz
     

       2000Hz
     

       3000Hz
     


     ②波の形から、 音の大小や高低を比べることができる。



   音が大きい          音が小さい

    



   音が低い           音が高い

    



BACK                NEXT
※共鳴・うなりに戻ります↑               ※クイズに進みます↑