光とは

           光源

  自ら光を出す電灯や太陽のことを光源という。
  光源を出た光は、 直接我々の目に届いたり、 
  さらに、 その光が物体の表面で反射して
  目に届いたりする。
  我々がものを見ることができるのは、 
  光源から出た光がそのまま目に入る場合と、 
  光源からの光が物体に反射して目に入る場合
 とがある。



          光の直進

  空気、 水、 ガラスなど均一な物質中では光は直進する。
  光の直進とは、 光がまっすぐ進むこと。
  光源から出た光は 四方八方へ広がる が、 
  太陽は非常に遠くにあるので地球上では
  ほぼ平行になって進んでいる。




          物体が見える理由

           物体が見えるのは、 物体からの光が目に入るからである。

  ① 光源が見えるときは、 光源から
    出た光が、 直接目に入って
    いる。

  ② 自ら光を出さない物体が
   見えるときは、 物体に光が
   当たって跳ね返り、 
   その光が目に入っている。



          光の速さ

  光の速さは、 秒速299792458m(約30万km)
  であり、
  これは、 1秒間に地球を7.5周速さで、 
  空気中での音速の約90万倍 
である。
  光の速さは、 真空中より物質中の方が遅い。





                           NEXT
                          ※光の仕組み2に進みます↑